ADVICE

髪の中身や髪質の違いについてプロに聞いてみた。

ADVICE | 2017.06.14

SHARE

毎日お手入れしている「髪」そのもののこと、意外と知らないですよね? 髪の基礎知識を手に入れて、普段のヘアケアに役立てられることを専門家であるヘア化粧品プロフェッショナルメーカーの研究員に教えてもらいました!


今回はミルボンにて髪の毛の基礎研究に携わるリサーチャーの古田桃子さんです。古田さんの所属する基礎研究グループでは、社外にて大学とともに進めている研究なども多く“髪の質感”を数値でも表すことや、素材としての髪の毛についてのリサーチを深めているそう。私たちの頭皮を覆う髪の毛ってそもそもどんなものなのか?FYBマガジン特派員のLilaが伺います!

Lila:今回お聞きしてみたいこと…
■髪の毛って一体どんな成分でできているの?
■髪の毛の伸びる速さって?
■ヘアサイクルってなに?
■くせ毛やうねりのメカニズムって?

Lila:髪の毛って一体どんな成分でできていますか?

古田さん:髪の毛のほとんどの成分はたんぱく質です。また、髪の毛1本に着目すると、実はいくつかの層に分かれた構造を持っています。
私たち研究者は髪の毛をのりまきに例えることが多くて。

Lila:えっ?「のりまき」ですか?よく聞く大切な「キューティクル」とかもそこに含まれているのでしょうか。

古田さん:はい、そうです(笑)。髪の毛の太い人と細い人では少し傾向が異なるのですが、太い人で考えてみますと、一番外側にある“のり”が「キューティクル」。中に詰まっている“お米”の部分が「コルテックス細胞」といって縦方向に並んだ層です。ちなみに髪の毛は中心に空洞がありまして、その部分をかっぱ巻きのかっぱです、と説明したりしますよ。
つまり大きく分けると髪の毛の中身は3つの構造に分かれていて、髪のいちばん外側にあるキューティクルは、髪を守ってくれているような存在です。キューティクルとコルテックスでは少し性質が違って、キューティクルは固めで、コルテックスは柔らかい素材なんですよ。そして、髪の一番中心にある空洞は、細い髪にはなかったりして、実はまだその役割はわかっていないんです。

Lila:ちなみにそのキューティクルが剥がれてしまうとどうなっちゃうのでしょうか?

古田さん:キューティクルは髪の保護をしていて、瓦のように、ちょっとずれながら平均すると8枚くらいのものが重なりあって層をつくっています。ちなみに重なっている部分は脂質などでつながっていて、その脂質が不足して少し浮いてきてしまうと、ひっかかりがうまれて髪がもつれたり、切れ毛などにつながってきてしまうというわけです。

キューティクルが剥がれてしまうと、髪が絡まりやすくなったり、摩擦に対して弱くなってしまう。つまり、キューティクルが無くなること自体もダメージですし、キューティクルが無くなると、その内側にあるコルテックスもどんどんダメージに弱くなる、ということです。

左:ダメージを受けて浮いているキューティクル
右:健康な状態で整っているキューティクル

Lila:なるほど。ちなみに髪の毛って平均するとどのくらいのスピードで伸びているのでしょうか?伸ばそうと思うと、そういったダメージやケアの仕方も気になるところです…。

古田さん:髪の毛って、だいたい1ヶ月に1.2cmくらい伸びるか伸びないか。そのため、髪が長ければ長いほど、先のほうはもう随分昔の髪だったりします。
だから、髪を伸ばそうとするときにただ放置して伸ばしっぱなしにしてしまうのは、大きなダメージのもと。毛先の髪は根元に比べ、これまで蓄積されてきたダメージでキューティクルの接着能力も弱まってしまいますから、例えばお風呂で髪を濡らす前には丁寧にブラッシングしてあげるなど、からまりを防ぐちょっとしたひと手間をかけてあげてくださいね。。生えてきたての根元のほうがやはりキューティクルはしっかりしているけれど、女性で髪を伸ばしたい方も多いですから、ケアとしては髪の毛を先までコートしてあげるという方向性が大事になってくるかな、と思います。

Lila:これからの季節、特に気を付けることってあるんでしょうか?

古田さん:実は外にいる時に私たちが浴びている紫外線は、髪を酸化させてしまう原因。夏は特に肌にも日焼け止めを塗ったりしますよね。髪の毛も同様にケアしてあげる必要があるんです。紫外線にさらされて酸化が進むと、髪を形成するたんぱく質の結合が一部切れてしまう、というようなことも!なので、日傘や帽子といったアイテムは髪の紫外線予防にも効果的ですし、最近は日焼け止め効果のあるトリートメントも多くなってきていますよ。素材としてもろくならないように、日々のケアが重要ですね。

また、地肌の環境としても、脂質が除去されず残ってしまっている
と、熱や光を浴びた際に酸化し始めます。その酸化した脂肪酸や脂が頭皮に溜まることにより、頭皮の環境が悪化して炎症を引き起こし、髪が抜けやすくなる、というようなことも。

ちなみに、プールで色が抜けてしまうというのは、髪のなかにあるメラニンが塩素によりダメージを受け分解され、色が薄くなっているものです。プールや海に行った際は、シャワーをきちんと浴びで真水で髪をしっかりすすぐことが大事ですよ。

CREDITS
写真:ミネシンゴ
取材・執筆:鈴木絵美里
TAGS

Find Your Beauty MAGAZINEの最新記事をお届けします

RECOMMENDED POSTS

FOLLOW US