HOW TO

不器用さんでも簡単にできるヘアアレンジ|ショート、ボブ、ロング別

HOW TO | 2018.08.18

SHARE

夏——それは花火大会やお祭り、野外ライブなど、なにかとイベントごとが多い季節です。そんな特別な時間を過ごすときは、いつもよりおしゃれをして出かけたいもの。ファッションやメイク、ネイル、自分の印象をガラっと変えてくれる要素はたくさんありますが、アレンジに力を入れる女性も多いのではないでしょうか。

もちろん、自分ではできないようなアレンジをプロの美容師さんにやってもらうのもいいのですが、毎日自分で簡単にセルフアレンジができたら嬉しいですよね。そこで今回は、自宅で簡単にできるレングス別のアレンジをご紹介していきます。

セルフアレンジに必要な最低限のアイテムとは?

ピタッとした面がきれいなスタイルよりも、編み込みを崩したり、後れ毛をたっぷり垂らしたりするアレンジに人気が集中しています。クシなどは使用せず、手ぐしでざっくりとまとめるのが今っぽいアレンジをつくるポイント。髪の毛を崩す工程が入ってくるため、ベースはしっかりと留まるヘアゴム、全体が崩れないように固定するヘアピンだけは用意しておきましょう。また、求める髪質に合わせたスタイリング剤やヘアアイロンを用意しておくと、よりこなれたアレンジをつくることができます。

長さが短いショートヘアは ポイントにしぼったアレンジを

髪の毛の長さが短い分、アレンジの幅も狭くなると思われがちなショートスタイル。そのため、アレンジに苦手意識を抱いているショートヘアの方は多いのではないでしょうか。ずばり、ショートのアレンジは“どこにポイントを置くか”が重要です。いくつかの例をもとにショートヘアのアレンジをご紹介します。

【ショートスタイルのアレンジ集】

①耳より上の髪をお団子にしたシンプルなハーフアップのアレンジ。お団子をつくることでポイントを頭頂部にもっていきます。あえてお団子はきっちりつくらず、ラフに崩すことによってカジュアルな印象に。

②全体をヘアアイロンでラフに巻き、一つ結びにしたリラックス感あるアレンジ。もみあげの後れ毛をラフに出すことが今っぽいアレンジに仕上げるコツです。ゴールドのヘアピンをワンポイントにしてもかわいい!

ボブでも ひと手間かければ毎日楽しめる

「ショートよりはレングスが長いけど、ロングほどの長さがないから…」と、普通にまとめた一つ結びで済ませている方はいませんか?ボブでもちょっとした工夫をするだけで、いつもと違った今どきのアレンジを楽しむことができますよ。

【ボブスタイルのアレンジ集】

①サイドの髪をねじりながら編み込みしたアレンジ。編み込みした部分は耳にかけ、ヘアピンやゴムで固定しましょう。耳より前にざっくり後れ毛を残しておくと、こなれ感が高まります。

②長さが足りなくても質感を変えるだけで立派なアレンジになります。全体にウエット系のスタイリングをつけ、髪をラフにかきあげてソフトなオールバックに。ウエットな質感をつくれば、手軽にクールな印象を演出できます。

ロングヘアだからこそできる 長さを活かしたアレンジを

一見アレンジがしやすそうに思われがちなロングスタイル。しかし、不器用さんとっては扱いにくいかもしれませんね。ロングヘアは落ちる髪に長さがある分、ヘアアイロンでベースをランダムに巻いておくと、こなれ感が高まります。

【ロングスタイルのアレンジ集】

①王道のポニーテールも一手間加えるだけで今年顔に。顔まわりに多めの髪を残してポニーテールをつくり、残した髪をポニーテールに巻きつけます。きっちりまとめようとせず、束感が残るように結ぶのがポイントです。

②ロングだからこそできる編み込みアレンジ。顔まわりに多めの髪を残して、後頭部の中央部分を編み込みます。ある程度編み込んだら、さらに残した髪を一緒に編み込み。いくつもの編み込みを重ねていくことで、よりこなれた雰囲気を演出しています。

アレンジを簡単にバージョンアップしてくれるヘアアクセ

アレンジの初心者さんでも手が出やすいヘアアクセがたくさんあるのをご存じですか?今、100円ショップなど、おしゃれなヘアアクセを置いているお店がたくさんあります。ワンポイントアクセントをつけるだけでいつもと違う自分を演出できるヘアアクセは、アレンジの味方。今、チェックしておくべきヘアアクセはどのようなものがあるのでしょうか?

①アレンジ初心者さんでもひとつは持っておきたいアイテムがターバンです。普通のひとつ結びでも、ターバンを巻くだけでオシャレ度はグンとアップ。大ぶりのピアスやイヤリングと組み合わせると、顔まわりに華やかさが加わります。

②結び目のゴムをバレッタやリボンなどに変えるだけでアレンジのレベルがアップ。固定するための黒いヘアゴムが見えないようにつけましょう。その日のファッションによって、ヘアアクセを変えても楽しい!

アレンジには、選ぶスタイリング剤も重要

アレンジをバージョンアップさせてくれるアイテム、スタイリング剤。髪の質感を変えてくれるもの、束感を出して形を整えたり仕上げたアレンジをキープしてくれるもの——スタイリング剤の種類は数多く存在するため、自分に合ったものを見つけるのは至難の業。スタイリング剤選びで迷ったときは、ぜひお近くの美容室の美容師さんに相談してみてください。あなたの髪質や求めるアレンジに合わせて、きっといいアドバイスがもらえるはずですよ。ウエットにしてタイトに決めたいとき、ふんわりボリューミーにしたいときなど気分に合わせてスタイリング剤を変えればよりアレンジを楽しめます。

髪の質感をもっと自由にできる! おすすめのスタイリング剤「ニゼル」シリーズ

ここで、おすすめのスタイリング剤をひとつ紹介します。トレンドのヘアデザインを目指すためにつくられた“質感をイメージ通りにキメる”スタイリングブランド「ニゼル」。サラっとした外国人風の細い束感を演出する「ジェリーS」やほどよいホールド感で弾力あるツヤ髪へ導く「ジェリーM」、強いキープ力で思いのままにキマる躍動感の「ジェリーH」などさまざまなラインナップが揃っています。絶妙な束感や質感を叶えるスタイリング剤です。

ニゼルジェリーMを使ったセルフアレンジ動画です。是非ご覧ください。

唯一自分の手で髪を変えられる それがアレンジ

ここまでセルフアレンジに紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ちょっとした気分の変化に自分の手で簡単にイメージチェンジができるのがアレンジの最大の魅力です。ショートやボブ、ロングどんなレングスでもチャレンジできるセルフアレンジは、もしかしたらおしゃれを楽しみたい女性にとって身につけておくべき技術なのかもしれません。

最近、アレンジ方法を紹介する動画などがSNSを中心にアップされていますが、もしセルフアレンジでうまくいかないことがあったら、美容師さんに相談してみましょう。美容師さんは髪のプロ。丁寧にレクチャーしながら、あなたの疑問点を解決してくれるはずです。アレンジであなたの毎日がもっと楽しくなることを心から祈っています。

Find Your Beauty MAGAZINEの最新記事をお届けします

RECOMMENDED POSTS

FOLLOW US