ROOTS

女性の美とヘアデザイナーの知見を日々科学する研究所に潜入レポート
〜ミルボンが目指す「感性と科学の融合」って?〜【後編】

ROOTS | 2017.09.01

SHARE

ミルボン研究所に潜入して、前編ではいろいろな設備や商品開発へのこだわりを教えてもらいました。引き続き、研究所の中を探索していきます!

≫「〜ミルボンが目指す「感性と科学の融合」って?〜【前編】」はこちら

感性と科学の融合のための先端、かつ基礎を究める研究室

サロン的空間から研究棟に戻り、階段でフロアを変えて向かった先は、今回の案内人である伊藤さんがリーダーとなっている「基礎研究チーム」の研究室。この中にある「恒温恒湿室」は常に“気温25度 湿度50%”に保たれた場所です。

「実験をするための一定を保つ部屋で、いろいろと特殊な機械がありますよ。ここは美容師さんが感じている感覚を再現するための部屋、ともいえます。」(伊藤さん)

「ねじりトルク試験機」「毛髪1本曲げテスター」「摩擦試験機」「直径測定システム」など、髪の毛を1本単位で用いて細かい状態をとらえていく実験が日々繰り返されています。

「美容師さんがお客さんの髪に触ってとらえている、なめらかさ、すべり、ザラつき、硬さ、太さ、ツヤ感など、それぞれにミクロ単位での差があるはずで、質感としては確実に違ってくるもの。その感覚をかなり細かい数値にして捉えにいっているんです。感覚を数値化することで、さらに、髪の質感をさまざまな側面から測定できるようになれば、美容師さんのアンテナの感度が上がり、さらに髪を細かくとらえ、処置を細やかに施すことにもつながると思います」

美容師の感覚値をミクロ単位でとらえ、科学的な研究に昇華し、美容師さんとサロンの技術向上に繋げていく。これぞミルボンの掲げる「感性と科学の融合」そのものですよね。

成分分析機器から、10万倍の電子顕微鏡、さらにはSPring-8まで!
進化の止まらぬミルボン、基礎研究の砦

ミルボン研究所の中には何やらいろいろ研究機器が揃っているようだ、という気配はここまでにも感じてきていただいたかもしれませんが…さらにすごいものがありました。
シャンプーやヘアトリートメントの成分を調べたりする分析室では、他にも頭皮や髪の毛に関する分析も行っています。
分析室ではさまざまな試薬を扱うこともあり密閉されていて、外から私たちは眺めさせてもらいました。

さらにその隣りの電子顕微鏡室へも案内してくださる伊藤さん。

「この電子顕微鏡、動かすのには1時間くらい準備が必要だったりもするので…今覗いてもらうことができなくて残念ですが。なんと10万倍の倍率です。0.1mmの断面を見たとしても、10mになって見えるということ。髪の断面や、キューティクルの状態もよく見えますよ。美容師さんもよく見学に来られますが、みなさんすごく理解が深まるようで。」(伊藤さん)

なななんと、1000〜5000万円クラスのさまざまな顕微鏡がこちらには設置されているそうです。これは未解明の髪に関する研究も、どんどん進みますね。

訪問のおみやげに、髪のキューティクル画像をいただきました。なんだか大自然の中にある木の表面のようにも見えてくるから人間の身体のパーツって不思議で仕方ないですね!

そのほか、白髪にまつわる研究や、これまであまり研究の進んでいなかった女性の薄毛に関するデータ収集も進めているそうで、育毛に関しては頭皮の血流、コラーゲン層の深さ研究、弾力のある頭皮とは何かなど、順次でてくるかもしれないとのこと。実際、ミルボンでは現在、大学との共同研究なども進めているそうです。

「研究機関なので、学会などでの発表も多数し、論文が賞をもらえることもしばしば。僕がもともと兵庫県の佐用町にある大型放射光施設『SPring-8』で研究員だったこともあって、そこで髪の中まで分析するような実験もしているんですよ」(伊藤さん)
髪の世界はまだ解明されていない構造が多いからこそ、ものすごくやりがいがあっておもしろいんですよと話してくださる伊藤さんについて回らせてもらった今回のミルボン研究所ツアー。まさか最後には物理科学の巨大研究施設との関係性まで明かされ、もう目が白黒するほどのスケールのお話に。

徹底して美容師さんと視点を共有し、商品に反映させることを第一に考えるのがミルボンの姿勢。そこに未知の領域への基礎研究に関わる研究者の知見も掛け合わさることで、女性の美に今後一体何が起こっていくのでしょうか。なんだかスケールの大きなワクワクに包まれながら、研究所を後にしました。

現場でいちばん髪のことを知るプロフェッショナルと協力しあうことで、感覚的・経験的に生まれる知見を共有し、商品を開発しているミルボンの様子、今回の研究所訪問で存分に知ることができました。

伊藤さん、研究員の皆さん、ありがとうございました!




伊藤廉さん
(株式会社ミルボン)開発本部中央研究所基礎研究グループ統括マネージャー

鈴木絵美里 ライター/編集者

東京外国語大学卒業。広告会社と出版社での10年間の勤務を経て現在はフリーランスで編集企画執筆に携わる。新しいローカルコミュニティ、食、農業、働き方、暮らし方、場づくりなどの題材を幅広く扱う。湘南生まれのロックンロール育ち。

CREDITS
写真:ミネシンゴ
取材・執筆:鈴木絵美里
TAGS

Find Your Beauty MAGAZINEの最新記事をお届けします

RECOMMENDED POSTS

FOLLOW US