IR Policy

[ IR情報開示方針 ]

当社は、継続的な利益成長を通じて株主・投資家の皆様の期待に応えること、そして、IR活動を通じて、当社の企業実態に対する理解を得ることに努め、株主・投資家の皆様との信頼関係を築いていくことが、公開企業としての使命であると考えております。こうした考えに基づき、株主・投資家の皆様に対して、当社の業績やその将来性に関する正確な姿をタイムリーに且つわかり易くご案内させていただくことによって適切なIR活動を推進してまいります。

1. IR活動の積極的な推進

上記、IRポリシーを実行するため、トップマネジメント自らが機関投資家及びアナリスト等に対して、当社の業績や将来性に関する情報を発信し、理解を得る機会を充実させていきます。

2. 適時且つ公平な情報開示

当社は、重要な会社情報に関して、証券取引法及び東京証券取引所等の定める適時開示等に関する規則に則り、速やかに一般向けに、その後投資関係者に発表致します。また、発表する対象者によって情報の質・量に差をもうけることのないよう、公平性の確保に努めます。機関投資家・アナリスト等との説明会や個別ミーティングにおきましても、未公開情報あるいは重要事実等について、当社は一切言及致しません。
できるだけ多くの株主・投資家の皆様に適時且つ同質な情報が行き渡るように、インターネットによる情報発信の充実を図ってまいります。

3. 業績予想及び将来の予測に関する事項

当社が発表する業績予想や、株主・投資家の皆様が自ら当社の業績に関する予想に資する各種資料(ホームページ掲載内容含む)には、発表時の計画、見通し、戦略などが含まれている場合がありますが、歴史的事実でないものは、一定の前提の下に作成したものであり、また、入手可能な情報から得られた当社経営者の判断にもとづいております。実際の業績は、さまざまな要素により、必ずしも予想通りに推移するとは限りません。従いまして、当社の業績などの予測をたてられる際に、これら見通しに全面的に依拠されることはお控え下さいますようお願い致します。

4. ご利用条件について

本ホームページ上にて掲載しております当社情報のご利用に際しましては、本IRポリシーのほかに、別途掲載している免責条項等も合わせましてご参照下さい。

以上

BACK TO TOP