• NEWS : 2016.12.01 Milbon Recruiting Information 2018 Website launched.
  • NEWS : 2016.12.01 Milbon Recruiting Information 2018 Website launched.
代理店とともに、美容室の成長に貢献。そこに、モノではなく、コンセプトを売る仕事の喜びが生まれる。

佐藤 麻衣子

FP本部
東京青山支店 さいたま営業所
2013年入社
国際関係学部 国際言語文化学科

PROFILE

美容業界を全力でより良く変える。その熱い気持ちに共感し、就職先としてミルボンを選択。入社後、研修を経て、フィールドセールスとして、さいたま営業所に配属。現在、北関東エリアを中心に代理店、美容室に対してフィールド活動を行っている。

美容室の課題解決に向けて様々な施策を提案し実行。

フィールドセールスの役割は、美容室の増収増益のために、代理店(ディーラー)と協働して課題解決に向けた提案・サービス活動を行うこと。仕事内容は大きく分けて2つ、代理店向け活動と美容室向け活動があります。代理店向け活動は代理店セールスと一緒に美容室を訪問したり、新商品に関する勉強会、販売企画の提案をはじめ、様々な施策のご案内や資料のお渡しなど。それらを通して、常に代理店が美容室への営業を効果的に展開できるようサポートしています。 一方、美容室向け活動は、代理店と綿密な打ち合わせをしながら実行。具体的には、美容室を訪問し、悩みや経営課題をヒアリングした上で、その課題を解決するための施策を提案しています。美容室の悩みや経営課題は千差万別。それぞれに応じた施策を考え抜き、実行していくところに難しさと面白さがあります。

私が毎日の活動の中でいちばん考えているのは、いかに美容室の成長に貢献できるか。いくらミルボン商品を扱っていただいても、それが美容室の増収増益につながらないのではミルボンの存在意義はないからです。ミルボンの「モノを売るな、コンセプトを売れ」という営業方針はまさにここにあります。 例えば、「ある美容室との取引を拡大したい」と代理店に相談された時もそうでした。代理店と一緒に美容室を訪問し、美容室オーナーにお話を伺うと、「店舗数を拡大し、県下一の美容室になりたい」とのこと。それに対して私は、「できることは何でも協力したい」という想いを伝えました。その後は足しげく美容室に通い、オーナーの想いをヒアリングしては、具体的な施策を提案し実行する日々。美容室スタッフの教育が必要だと思えば、社内のフィールドエデュケーター(技術担当)に相談し、接客や美容技術向上に関する講習を開催したり、美容業界の動向を踏まえた年間の施策を一緒に考えるために、美容室営業後の会議に参加したり……。そんな中で、いつしか、ミルボンと代理店、美容室の3者で、「絶対に目標達成を目指していく」という想いを共有でき、結果的に代理店の取引拡大も成功し、美容室の売上も伸ばすことができました。モノではなく、コンセプトを売る仕事に終わりはなく、挑戦のしがいがある仕事だと実感しています。

語り継がれる“伝説のフィールドセールス”になりたい。

代理店、美容室への営業活動の中で、「佐藤さんが担当している限り、ミルボンを扱い続けたい」「佐藤さんのために売上を上げられるよう頑張りたい」などと言われることがあります。それは最高にうれしい瞬間ですが、私はフィールドセールスとして活動し始めてまだ3年目で、自分にもっと知識やノウハウがあれば、代理店や美容室の成長により貢献していけるのにと、もどかしく思うことも多々あります。だからこそ今後は、さらに商品知識、美容技術、接客技術、経営にまつわる様々な知識等を吸収し、代理店や美容室の想いに高いレベルで応えられるフィールドセールスとして成長していきたいと考えています。美容師を裏で支える真の立役者になるという自覚のもと、10年、20年経っても、代理店、美容室から語り継がれるような“伝説のフィールドセールス”になる。それが私の夢です。

One Day Scheduleある1日のスケジュール

9:00
代理店に直行 新商品に関する勉強会を実施。講師を務める
12:00
美容室訪問 人材育成に向けた企画についてディスカッション
13:00
美容室訪問 来期の経営ビジョンについて、美容室オーナーにヒアリング
15:00
美容室訪問 接客セミナーや美容トレンドセミナー等のご案内を行う
18:00
美容室訪問 美容師スタッフを集め、カラートリートメント講習を実施。講師を務める
21:00
業務終了。上司やチームメンバーに本日の業務内容と、明日の業務予定をメール報告

Message就活生へのメッセージ

同じ代理店を担当するチームのメンバーや、社内のフィールドエデュケーターにいつでも相談したり、情報交換したり、協力を要請できる体制があり、また、「お客さまのためにと思ってするのなら、何でも好きなようにやれ。たとえ取引がなくなったとしても、その時は自分が責任を取るから」と言ってくれる頼もしい上司がいる。そんな環境のもと、自分の裁量で何でもやらせてもらえる。それがミルボンでフィールドセールスの仕事を担う魅力です。こんなにやりがいのある仕事はなかなかないですよ。