• NEWS : 2016.12.01 Milbon Recruiting Information 2018 Website launched.
  • NEWS : 2016.12.01 Milbon Recruiting Information 2018 Website launched.
誰のための基礎研究か常に社会への貢献を意識し続ける。

伊藤 廉

開発本部 中央研究所
基礎研究グループ
統括マネージャー 2011年入社
理学部 化学科

PROFILE

学生時代から研究に勤しみ、2011年ミルボンへ入社。現在は主に毛髪や頭皮を測定するための新たな測定手法の開発に携わり、社会に貢献できる基礎研究の在り方を日々追求している。

これまでにない手法で新たな世界を切り拓く。

基礎研究グループでは研究テーマを設定し、得られた成果を外部へ発表しています。大学での研究と近い面もありますが、大きく異なるのは成果を製品開発に応用する点とマスコミへの取材対応や美容室と代理店への勉強会対応を行う点です。おおまかな流れとしては独自の測定手法を開発して、様々な研究を行い、製品開発と連動して特許を出願。外部発表を行い、マスコミに対応し、美容室と代理店に情報を発信するといった流れになります。 私が主に取り組んでいるのは、毛髪や頭皮を測定するための新たな測定手法の開発です。装置を新たに開発したり、既存の装置を工夫して測定したり、毛髪科学の分野では使われてこなかった装置を用いたりと様々な手法を試みています。他社と同じやり方をしていては、同じ世界しか見えてきません。ヘア化粧品業界のリーディングカンパニーとして、新たな手法を積極的に取り入れることで、新たな世界を切り拓いていきたいと考えています。

学生時代から純粋に研究が好きで、将来的には研究ができる機関で働きたいと考えていました。しかし、大学と国の研究機関で研究を行ううちに「人生は一度きりなのだから、民間企業での研究も経験してみたい」と思うようになりました。様々な縁があり、ミルボンの専務取締役と話す機会があり、その際に専務の情熱に触れたことで「ミルボンで働きたい」と強く思い、入社を決めました。 入社後、仕事をする中で「伊藤さんがいるからミルボンを好きになりました」と何度も美容師さんに言っていただきました。その時には、やはりミルボンに入社して良かったと感じます。ミルボン社内では「会社の財産は人」という言葉をよく耳にします。美容師さんから喜びや感謝の声をいただくと、その言葉を思い出します。誰のために仕事をしているのか、改めて実感でき、自分自身の行動の一つの指針となっている大切な言葉です。

基礎研究を通じて世の中の役に立ちたい。

仕事をするうえで、強く意識しているのは基礎研究を通じて社会に貢献するということです。研究を行っている以上は、世の中の役に立つ基礎研究の在り方を追求していきたいと常に考え、行動しています。別の言い方をすると、基礎研究は世の中に役立ってこそ、やる意味があるものだと思っています。毛髪や頭皮の新たな測定手法を見出すことは新たな製品開発につながり、多くの人々の笑顔につながっていきます。今後、新たなことに挑戦するというよりは、現在と変わらず、基礎研究でどれだけ世の中に貢献できるかずっと挑戦を続けていきたいと思っています。

One Day Scheduleある1日のスケジュール

7:30
出社 メール確認・書類作成
9:00
製品企画打ち合わせ
11:00
実験打ち合わせ
12:00
昼食
13:00
論文検索・作成
15:00
実験
18:00
メール確認・書類作成
19:30
退社

Message就活生へのメッセージ

これまでに大学で勉強してきたことや磨いてきた研究スキルを使って社会貢献をしたいと考えている学生の皆さん、ぜひ一緒に未来を創造していきましょう!