• NEWS : 2016.12.01 Milbon Recruiting Information 2018 Website launched.
  • NEWS : 2016.12.01 Milbon Recruiting Information 2018 Website launched.
タイでミルボンブランドを発展させる。

Kanoknit Santimahakullert

バンコク営業オフィス
2013年入社
地球環境学舎
環境マネジメント研究科

PROFILE

2013年4月ミルボンに入社。7ヶ月間のフィールドパーソン研修を終了後、同年10月ミルボンタイランドのバンコク営業オフィスへ配属。現在、入社3年目。

現地の代理店と協力し、美容師のファン拡大へ。

タイ国では、ミルボンの製品を扱っていただいている代理店が3つあります。私はそのうちの一つの代理店を担当しています。代理店のオーナーやセールスマネジャーと交渉をしたり、代理店のスタジオでセールス勉強会や会場講習を行ったりします。また、代理店のセールスと同行し、美容室訪問・製品勉強会を日々行っています。ただモノを売るのではなく、代理店と美容室がミルボンの製品を好きになっていただける様に様々な提案、教育を行うのが私の役割です。

ミルボンのフィールドパーソンは、独自の営業スタイルがあります。製品を売るだけでなく、美容師をサポートするために様々な提案や技術・教育を行うことが主な仕事です。美容師と一緒にお客様のニーズに合わせて、製品や技術を提案するというミルボンの独自性に私は魅力を感じています。また、ファッション・ヘア業界は流行産業のため、この流行の流れに遅れないように新しい製品や技術を開発し、お客さまに発信するということも魅力であり、やりがいを感じています。

タイの美容業界の人材育成にも貢献したい。

タイの美容師さんはミルボンというブランドを知らない方が多いため、製品の説明より、まずミルボンのことを紹介する必要があります。現在タイでは、デジタルパーマやブリーチオンカラーというトレンドが人気です。良いデジタルパーマ剤、ブリーチしても髪が傷みにくいカラー剤を求められていて、講習の要望も多くあります。しかし、美容室にただ製品を説明するだけでは、ご購入頂くことはできません。美容室へ訪問し、講師としてミルボンのことを伝え、製品やコンセプトを説明し、実際にデモンストレーション(モデル施術)をします。もっと技術を勉強したいというお客様(スタイリスト)の要望がありましたら、カラー、または、パーマが得意なスタイリストさんにご協力して頂き、外部講師として会場講習を行って頂きます。新しい美容技術を勉強することができて、スタイルやトレンド交換をすることができる場所を創ります。タイの美容室は、スタッフに美容技術や製品知識を提供するのは当然ですが、新人にマナーを教えるという研修が全くありませんでした。ある美容室に新しいスタッフが入ったため、ミルボンに新人向けの研修をお願いされたことがありました。美容室でやるべきマナーと姿勢をしっかり理解してほしいというオーナーの思いです。研修後、お店に訪問させて頂くと、店長から何回もお礼の言葉を頂きました。スタッフの皆様は、お客様ときちんとした会話ができるようになり、色々な提案もできるようになったことで、店販(美容室で販売するヘアケア商品)の売上も上がりました。「ミルボンというヘアケアメーカーは、ただモノ創りだけではなく、人創りという大きな役割があるね」というお言葉を頂きました。

One Day Scheduleある1日のスケジュール

8:30
出社 メールチェック、資料・道具などの準備
9:00
代理店訪問へ
10:00
美容室で製品講習・デモンストレーション
14:00
美容室訪問(新製品紹介・既存アイテムフォロー)
16:00
オフィスに戻り資料作成、夜講習の準備作業
18:00
営業後の日系の美容室にて夜講習

Message就活生へのメッセージ

ミルボンは、世界No.1ヘアプロフェッショナルメーカーを目指しています。そのため、「グローバル精神を持って、海外で仕事をすることにチャレンジしたい」という思いを持つことはとても強みになります。海外で活躍したいと思う人は大歓迎です。お待ちしております! しかし、美容業界を知らずにすぐ海外で活躍することは難しいです。まず日本で勉強し、日本の美容業界のために貢献して経験を積んで下さい。しっかり経験を積んだ方は、必ず世界で活躍することができる可能性があると信じています。