• NEWS : 2017.12.28 Milbon Recruiting Information 2019 Website launched.
  • NEWS : 2017.12.28 Milbon Recruiting Information 2019 Website launched.
お客様にとって「最高の1本」を届けるために。

S・A

生産本部
技術開発グループID開発
2013年入社
電子機械工学専攻

PROFILE

2013年入社。研修を経た後、ゆめが丘工場で充填包装の業務に携わり、モノづくりの最前線で経験を積んできた。「現場を知らずに、モノづくりはできない」という考え方のもと、オフィスでの開発業務の時間が増えた現在も、出来るだけ工場に積極的に出向き、現場の情報を得るようにしている。

電子機械工学専攻を活かし、
現場でモノづくりの開発力を高める。

私は入社1年目から、ゆめが丘工場の充填包装を行う機器のメンテナンスや、改善を行う業務を担当してきました。日々の業務を通じて、実際に動く機器の仕組みの理解を深めてきました。学生時代に勉強した電子機械工学専攻の知識は、これらの業務を行う上で大変役立っています。

現在は、ID開発の業務を担当をしています。ID開発とは、研究から上がってきた新製品のパッケージについて、デザイン性・コンセプトを保ちながら、安定的に量産化が実現できるよう、生産技術の観点から調整・検討する役割を担っています。実際の生産機器をより良くしていくためには、新しい技術やノウハウを協力会社から取り入れる等、能動的に動いていくことが必要です。そのために、最近では協力会社に出向いて、新しい技術などを自分の目で確かめるため、出張に出かけることも多くなってきました。充填包装の現場での経験と、学生時代から学んできた3DCADの知識を活かせていると実感しています。

私が勤務するゆめが丘工場では毎日、何千本、何万本の製品を生産していますが、最終的にお客様に届くのはそのうちの1本です。お客様の信頼を裏切らないよう「その1本」を常に最高品質でお客様にお届けするという使命が所属する生産本部にはあります。「最高の1本」を届けるために、ミルボン独自のパッケージ、生産設備の更なる向上を目指していきたいと考えています。

分野を絞り「世界No.1を目指す」という
ビジョンに感銘を受けた。

私はもともと製品を通して人を美しくし笑顔にすることができる美容業界に興味がありました。その中でも「美容師・美容室」という分野に「絞り」その分野を極め「世界No.1を目指す」というビジョンに感銘を受け、私もそのビジョン達成に貢献したいと思い、ミルボンに入社しました。そして、入社前に思い描いていた姿とほぼ同じイメージで、日々業務に取り組み、成長していけていることを実感しています。

私の場合は、タイ工場の技術指導支援、新製品の生産時の調整立ち合い、生産効率及び品質向上を目指した充填包装設備の提案。タイ工場で生産するための資材を、現地調達できるよう調査を行うなどの業務も担当しています。初めてタイ工場で新規設備の設置・調整した時に、なかなか調整が上手くいかず、機械を安定的に動かすことが出来なかったことが印象に残っています。タイ工場には、日本から技術支援として訪問しているので、失敗は許されない状態でプレッシャーのかかる中、調整を繰り返していました。そこで原因がプログラムにあることがわかり、私自身プログラムに詳しい方ではありませんでしたが、試行錯誤を繰り返し、なんとか自分の知識・技術を振り絞り、安定稼働できるまで調整することができました。海外の地で、プレッシャーのかかる中、結果を出すことができたのは、自分の自信にもつながり、また仕事の楽しさ・やりがいを改めて感じることができました。

One Day Scheduleある1日のスケジュール(内勤の場合)

8:35
出社。清掃・メールチェック・新製品充填テスト。
12:45
新規設備の検討・打ち合わせ。
16:00
3D CADで容器・治具設計
17:30
帰宅。

Message就活生へのメッセージ

何事にも全力で取り組んでください。全力で取り組まなければ、その物事の本質は見えてこないと思います。失敗でも成功でも全力で取り組んで得られた「経験」は必ず自分の成長に繋がります。失敗を恐れず、何事にも「全力」でチャレンジしてください!