MOVIE

エチュード -彼女の即興劇-

MOVIE

SHARE

Story

就活の帰り道、行き慣れた美容院の閉店を知り唖然とする河原うた(28)。仕方なくネットで予約した店に駆け込むと、担当になったのはピンク色の髪が印象的な高梁けいか(25)だった。苦手なタイプだと距離を置くうただったが、高梁にひょんなことで嘘をついたことをきっかけに、本当の自分をみつけていく。

映画Loverからのおすすめコメント

原作者より映像化に寄せて
古海カナエ(MILBON AWARD大賞受賞者)

物語は、主人公が見栄を張るためについた些細な嘘から始まります。最初は「軽く整える感じで」と消極的な注文をしていた主人公ですが、噓が噓を呼び、色々な髪型に挑戦していくことになります。

美容院に通う度に明るくなる主人公の表情から、昨日とは違う自分になれたという、わくわくした気持ちが伝わってきます。途中から自分が原作を書いたということも忘れて「次はどんな髪型になるんだろう」と彼女の即興劇を楽しんでいました。
疲れているのに、髪を切りたい一心で美容院の予約を入れて倒れ込む様子や、美容師の高梁さんと会話するときの間など、すべてが絶妙で、心の中で何度も「わかる!」と叫んでいました。段々と通じ合っていく主人公と高梁さんの距離感も見どころです。

私の頭の中にあったアイデアが文字になり、映像にしていただき、こうして多くの方に届いたように、小さな変化が思いもよらない未来につながっていくことがあります。なんとなく最近もやもやしている、やりたいことが分からなくなってしまった、そんなあなたにぜひ観ていただきたい作品です。

視聴後、私も美容院に行きたくなりました。その数時間が、新しい風を吹き込んでくれると信じて。

人生を良くするためにもがく姿、結果はどうあれ全員美しい!
東紗友美(映画ソムリエ)

お客さんの幸せを願いハサミと向き合う美容師さんも、
願いに一歩でも近づきたくて一生懸命生きるお客さんも、
私たちはみんな尊くて、愛おしい生き物。
きっとそうに、間違いない。
見終わるころには、そう信じられていてパッと視界が晴れて前向きになれるはず。

本作のタイトル、エチュードとは即興劇。
設定だけ与えられた台本のない表現方法を言いますが、私たちの人生自体もエチュードそのもの。
台本なんてないんだから失敗だって当然で、うまくいかなかった自分を肯定したって良いんですね。
そんなふうに背中を押してくれる"行きつけの美容室の温もり"がこのショートフィルムの中には真空パックされているようでした。

自分を模索している主人公ならではの髪型のオーダーの仕方もヒントに溢れていて、もっと楽しみながら、自分を探したって良いことが学べるシーン!
髪型を変えて、新しい場所に飛び込んでみたくなる、
そんな物語に元気をもらえた時間。
気付けば、いつものサロンの予約を入れている私がいました。

Information

監督名:東かほり
制作国:日本
制作年:2021
作品時間:13:55
配信期間:2022/2/22~2023/2/21

Find Your Beauty MAGAZINEの最新記事をお届けします

RECOMMENDED POSTS

FOLLOW US