• NEWS : 2016.12.01 Milbon Recruiting Information 2018 Website launched.
  • NEWS : 2016.12.01 Milbon Recruiting Information 2018 Website launched.

FAQ

よくあるご質問

ここでは皆さんから寄せられたご質問の中から、特に多いものにお答えしていきます。
「分からない」「教えて欲しい」というご質問がある方は、ご質問フォームよりお問い合わせください。

ご質問フォームはこちら

採用について

採用ではどんな点を重視していますか?学業、人格、体力など、重視するポイントを教えてください。
将来、自分がどう在りたいか、ミルボンに入って何をしたいのかというような、目的意識を明確に持っていること。さらに、ミルボンとともに自分自身も成長していこうという意欲を持っていることが重要になります。また、フィールドパーソンも研究開発職も美容室を訪問する機会が多いので、人と接することが好きなこと、明るく活発で前向きな姿勢のあることも重要なポイントになります。
ファッションに詳しい、おしゃれな人間でないとだめですか?
関係ありません。大切なことは、ミルボンや美容業界の未来を自分の意志で創りたいと思えるかどうかです。業界の知識や興味がなくても構いません。それらは、入社してから始まるミルボンパーソン研修で習得できますので、ご安心ください。現段階でのファッションに対する知識よりも、切磋琢磨しながら成長したい。誰かのために何かしたい。そんな熱い想いを持っている集団の仲間として活躍していただける方と一緒に働きたいと思っています。
配属、勤務地はどのように決まるのですか?
総合職の配属、勤務先地は入社後実施する7カ月のミルボンパーソン研修中に、みなさんの考え方や行動の仕方、さらには人柄なども参考にしながら判断します。もちろんみなさんと話し合いもさせていただきますが、業界の発展と会社の成長戦略に合わせて各エリアへの配属人数を決定いたしますので、必ずしも本人の希望どおりにはなるとは限りません。
研究開発/基礎基盤研究職は中央研究所のある大阪市、テクニカルエンジニア/クオリティエンジニアは、工場のある三重県が勤務地になります。
転勤はありますか?
あります。組織の要請と本人のキャリアプランを勘案して実施します。各自のキャリアプランは、自己申告制度(年1回)によって、会社に提出していただくのでミスマッチが起こらないように十分配慮します。いずれにしても、転勤を伴う異動は、成長の大きなチャンスです。転勤する社員には、新しいフィールドでチャレンジして欲しいと思っています。
海外勤務のチャンスはありますか?
あります。ただし、基本的に海外の子会社は、現地採用が基本ですので、希望者全員に海外勤務のチャンスがあるわけではありません。しかし、これから新しい国や地域に進出することは充分に可能性があります。その時には、ご自身が海外勤務を希望する旨を自己申告制度で出し、国内での仕事経験、業績評価等を考慮したうえで、決定されることになります。
社員寮はありますか?
あります。入社後すぐに大阪での研修が始まりますが、研修期間中、研修センター近くに寮(借り上げ)を準備しています。自立支援を目的とした福利厚生制度ですので、たとえ職場が実家から通える距離であっても希望者全員が入寮でき、自己負担も月額10,000円ですので、経済的にも無理なく独り暮らしを始めることができます。 また、研修終了後は、全国各地への配属となりますが、配属先での住まいは「社宅」という区分となり、家賃の2割が自己負担額となります。社宅に住むことができる期間は6年間です。(ただし、6年の間に転勤を伴う異動が発生し、転居する場合は、また新たにそこから6年間の補助期間がスタートします。)社宅へ入居しない場合でも、入社年次10年目までは独身の場合、「住宅手当(月額15,000円)」の家賃補助が支給され、生活基盤である住まいへの補助は充実しています。※結婚による住替えも制度に含まれています。
女性の採用についてはどうなっていますか?
職種に関係なく積極的に採用しています。現在は、1998年にフィールドパーソンで初めて採用した女性社員が営業所長、1999年にフィールドパーソンで入社した女性社員が海外子会社の代表、2002年入社の研究開発職社員がマネージャー職を務める等、活躍しています。
産休制度はありますか?子育てをしながら働くことはできますか?
できます。ミルボンの両立支援制度の目的は、安心して育児休業・復職できる環境創り、そして、「キャリアプラン」を描きやすい育児と仕事の両立です。そのために、休業中のパソコン貸与、休業前・復職面談の実施、休業中の情報配信など、最新の情報と周囲のメンバーの協力を得られるような仕組みにしています。制度としては、育児休業制度(最長5年)、子ども・家族看護休暇(年間5日40時間有給)、妊娠特別休暇(5日40時間有給)、ジョブリターン制度など、充実化を図っています。子育て期間中の社員は、時短勤務もできるようになっています。
配属先別の研修もあるのですか?
あります。フィールドパーソンは各支店・営業所への配属後に、OJT期間があります。美容室の経営に関する計数分析や、美容技術のスキルを高めるための研修等を先輩社員や販売代理店セールスとの同行を通じて習得します。研究開発職はミルボンパーソン研修の後、研究所や工場等で専門性を高めるための研修があります。テクニカルエンジニア/クオリティエンジニアは、工場で生産技術開発研修を実施しています。

ミルボンの製品について

ミルボンは美容室とダイレクトに取り引きをしているのですか? (販売代理店など中間業者はないのですか?)
ミルボンでは、製品を直接美容室に販売していません。全国で約150社の販売代理店と契約しており、美容室に対しては、すべて販売代理店を通して販売しています。
ミルボンの営業担当と代理店、美容室との関係について教えてください。(製品売り込みに関する棲み分けがあるのですか?)
美容室へ販売するのはあくまでも販売代理店です。その代理店の営業の方々に、ミルボンの政策や製品について理解いただくことが非常に大切です。ただし、ミルボンの営業担当が直接美容室に出向いて活動することはたくさんあります。代理店と協働して美容室の繁栄のためにバックアップする活動をしています。
一般の小売店向けの製品は出さないのですか?
ミルボンの製品は、お客様の髪質や要望などに個別に応えていくことを目指して開発しています。したがって、そのお客様にとって最適な製品を選んでいただくためには、髪のプロである美容師の適切なアドバイスが欠かせないため、あくまでも美容室に特化して販売しています。
環境問題の取り組みはどうなっていますか?
青山工場では、排水を出さないで安全な蒸気にして飛ばす最新の装置=ドラムドライヤー方式を採用しており、ISO14001を取得しています。